受講生の声

受講生の声

講座やワークショップを受けていただいた受講生の方からは、このような感想を頂いています。

  • マッサージなどアロマセラピーの活用が家族の関係づくりにとても役立っている。
  • 思春期の子どもの帰宅時間に合わせ、玄関やリビングにアロマの香りを芳香させたところ、香りの感想を子どもが話してくるようになった。体調に合わせた香りを作ってほしいという子供からの要望も生まれ、アロマセラピーが親子間の気持ちの通い合いにとても役立っている。
  • アロマのハンドマッサージを両親に行ったところ、とても喜んでくれた。両親の心身の様子に気づく機会にもなり、2人への愛おしさと感謝の思いが強まっている。
  • 元気を失くしている友人を誘い一緒にアロマセラピー用品作りを楽しんでいると、友人が徐々に心の内を話してくれた。
  • 息子やお嫁さんに頼まれ、スキンケア用品など様々なアロマ用品を作るようになった。自分のアロマセラピー活動が家族に喜ばれ、自然に良い人間関係が築かれてきたことに幸せを実感している。
  • 当初母親の手を触ることに抵抗を感じたが、トリートメントオイルを使いハンドマッサージをしたところ、寝たきりの母が「ほんとうに気持ちがいいねえ。好い香りだね。やさしい息子を持てた幸せが最高だよ。」と言ってくれた。それ以降、母を看取るまでハンドマッサージを続けた。
  • 自分でスキンケア用品を作り活用している。肌の状態も安定し、天然の素材を使って作られる自然な肌がとても気に入っている。お化粧もあまりしなくなり、自然な状態の自分に心地良さを感じるようになった。自分に備わっている生命力や自分の選択力を信じられるようになり、より自然体で生きられることに満足を感じている。
  • 暮らしの中で様々なものを選ぶとき、天然の香りで作られたものを好むようになった。以前と比べてストレスも減り、心身にゆとりが生まれている。
  • 心身のリフレッシュのためにアロマスプレーを作り会社のトイレで使っていたら、同僚から「わあ、好い香り」との反応があり、それをきっかけに会話が弾むようになった。
  • 自作のハンドクリームやハンガリーウォーターなどのスキンケア用品を使うたび、香りの作用による深呼吸ができるようになった。そういった心身の小さな緊張解放を繰り返しが心身のストレス軽減に役立つと実感している。
  • 自分の感覚を頼りに精油の香りブレンドを作り、それを身につけていると安心を感じる。緊張する場面でも自分の感覚を信じていられることが緊張感を減らす助けとなっている。
  • アロマセラピーの活用を通して嗅覚が鋭くなり、精油や食べ物の酸化度に敏感になった。自分の心身にとってプラス・マイナスの判断がつきやすくなり、より自分らしい選択ができるようになった。

© 2018 - 2020 アロマの音色 ko / All rights reserved.